ジネス関係の法律 กฎหมายธุรกิจ

民法は、人の権利及び義務に関する法律で、また経済及び通商に関する法律であり、法人の設立、運送請負業及び(小切手など)手形関連業、売買・資産の賃貸借・抵当・質入れに関する規則など、人と人との商売又はビジネスに関する規則を定めています。

ビジネス法及び民商法典は以下の 4 グループに分類される
1. 民商法典、公開株式会社法などの事業組織に関する法律
2. 民商法典、土地法などの事業運営に関する法律
3.  労働法、社会保険法などの事業運営管理に関する法律
4. 通商、投資、金融に関する法律などの国際ビジネス法

SME事業者が基本的に知っておくべき法律は以下の通りである。

1.会計法及び税法 事業者は年度末ごとの財務諸表の提出、及び事業で年間 1,800,000 バーツを超える収益がある場合の税制、付加価値税登録、源泉徴収税の必要性を知っておくことが望ましく、付加価値税と源泉徴収については事業者が毎月国税局に情報を提出する必要がある。

2.労働法 事業者は補償金の問題及び従業員を退職させる方法について関心を持つ必要がある。すなわち、事業者がどのような処置をとるのが望ましいか、事前通告の条件を満たさない場合の追加補償金も含めて、どれだけの補償金を払う必要があるかなどの問題である。

3.顧客による訴訟 顧客と事業者の間に事業上の取引があり契約を交わす場合、有利又は不利な点が含まれている可能性があるため、後で問題を起こさないために、契約書に署名する 前にその内容を詳細にチェックする必要がある。

4.知的財産権 事業者は自らの事業が他者の事業を侵害することにならないかどうか注意する必要がある。

ビジネス法の種類

  • 借入(1)
  • 法律に関する一般知識(7)
  • 雇用及び業務委託(1)
  • 資産賃借及び割賦購入(1)
  • 売買及び委託販売(2)
  • 代理人及び仲介人(1)
  • 知的財産(3)
  • 法的行為及び契約(2)
  • 保険(1)