労働法に関するサービス กฎหมายแรงงาน

雇用者と被雇用者間の労使紛争は最も頻発する問題といえます。タイでは労働法が各企業の雇用者及び被雇用者に適用されます。したがって、将来の労使間の告訴を防ぐ上で、労働法の専門家によるコンサルティングは重要な役割を果たします。たとえ契約を交わすか合意を行っていても、労働法に基づいていなければ訴えることができません。

  1. 雇用契約 : 試雇契約、正社員雇用契約、プロジェクト業務雇用契約、期間限定雇用契約、期間非限定雇用契約
  2. 会社の規則及び規約
  3. 労使紛争、被雇用者、雇用者
  4. 解雇、補償金、事前通告、不当解雇

初回相談料を1時間まで無料としております。

労働法に基づく補償金の支払原則

118  雇用者は解雇する被雇用者に以下の 通り補償金を支払うこと。
(1) 勤続 180 日以上1年未満の被雇用者に最後の30日分以上の賃金を、又は業績に応じて単位計算した賃金を受取る被雇用者には最後の30日の勤務分以上の賃金を支払うこと。
(2) 勤続 1年以上1年未満の被雇用者に最後の90日分以上の賃金を、又は業績に応じて単位計算した賃金を受取る被雇用者には最後の90日の勤務分以上の賃金を支払うこと。
(3) 勤続 3年以上6年未満の被雇用者に最後の180日分以上の賃金を、又は業績に応じて単位計算した賃金を受取る被雇用者には最後の180日の勤務分以上の賃金を支払うこと。
(4) 勤続 6年以上10年未満の被雇用者に最後の240日分以上の賃金を、又は業績に応じて単位計算した賃金を受取る被雇用者には最後の240日の勤務分以上の賃金を支払うこと。
(5) 勤続 10年以上の被雇用者に最後の300日分以上の賃金を、又は業績に応じて単位計算した賃金を受取る被雇用者には最後の300日の勤務分以上の賃金を支払うこと。

雇用者が補償金を支払う必要がないケース

第119条 以下のいずれかに該当する場合、雇用者が解雇する被雇用者に補償金を支払う必要はない。

(1) 職務に対する不正を働くか、雇用者に対して故意に刑事違反を犯す
(2) 雇用者に、故意に損害を与える
(3) 過失により雇用者に重大な損害を与える
(4) 就業規則、規定、雇用者の合法的活公正な命令に違反し、雇用者が書面で警告を与えた場合。ただし、重大な違反の場合、雇用者に警告の義務はない。警告書の有効期間は被雇用者が違反した日から1年以内とする。

(5) 間に休日を挟むか否かを問わず、正当な理由なく連続3日間職務を放棄する
(6) 禁固刑の最終判決を受ける

第一段落に記す補償金を支払わない解雇において、解雇時に雇用者が雇用契約解除通知に解雇の本当の理由を記さないか、又は被雇用者に解雇理由を知らせなかった場合、雇用者が後からその理由を持ち出して口実にすることはできない。