タイでの不当解雇(การเลิกจ้างไม่เป็นธรรม)・口頭による 解雇通知

こんにちは! 弊社によくあるご相談です。 タイにある日系企業について、上司の方から急に解雇を通告されるということがございます。大抵が口頭による解雇通知です。 タイの労働法に従えば、これは違法となります。 勤務日数に応じて、会社側は解雇補償金が支払う必要があります。 ぜひ一度ご相談ください。

Read More

相続・離婚について (เหตุฟ้องหย่า)

遺言状、遺産 : 遺言状作成のコンサルティング、遺産管理人 離婚訴訟の原因には以下のものがある。 (1)* 夫又は妻が他人をあたかも妻又は夫であるかのように扶養又は称揚し、常習的に愛人とするか姦通を続ける場合、他方が離婚を訴えることができる。 (2) 夫または妻の 不品行により他方が以下の影響を被る場合、他方が離婚を訴えることができる。ただし、当該の不品行が刑事犯罪に当たるか否かは問わない。 (a) 重大な恥辱を受ける (b) 不品行をなした側の夫又は妻であり続けることにより侮辱・憎悪を受ける (c) 夫婦としての状態、地位、同居を考慮した場合、 度が過ぎた損害又は 迷惑を被る (3) 夫又は妻が他方又は他方の父母に肉体的又は精神的 暴力 又は苦痛を与えるか、 侮辱又は 蔑視する場合、その程度が甚だしければ他方が離婚を訴えることができる。 (4) 夫又は妻が他方を 1年を超えて故意に遺棄する場合、他方が離婚を訴えることができる。 (4/1) 夫又は妻が禁固刑の最終判決を受け、1年を超えて禁固刑に処される場合、 他方がその違反に無関係であるか又はその違反を 容認していないか、それに 加担しておらず、かつ夫婦関係を続けていけば他方が度の過ぎた損害又は迷惑を被る場合、他方が離婚を訴えることができる。 (4/2) …

Read More

Property service

外国人のコンドミニアムの購入時の書類は重要です。 自分の国、タイ人にとっては外国からの振り込み金額の総合計の証明書であったり、最初に入金を処理した銀行の証明書をもらっておいたりしなければなりません。(国内で最後に受け取った銀行の証明書じゃないんです) コンドミニアムの購入は大きい買い物です。購入時は、気をつけてください。

Read More

離婚時の財産分与・慰謝料請求(การหย่า และแบ่งทรัพย์สิน)

について こんにちは! 離婚したくてもできない場合には、理由があれば、裁判をして離婚することができます。 弊社の案件でも離婚裁判をしたことがありますし、ご相談もお受けします。 まずは協議離婚がベストですが、相手が同意しない、相手が消息不明などいろんな理由があり、最終的には裁判所の判決で離婚という結果にならざるを得ません。 裁判所の判決で、離婚が決定した場合、手続き上は離婚を行うことができます。手続きはいろいろ煩雑ですので、離婚裁判の件も含めてトータルでサポートさせていただければと思います。 また離婚の判決がでても、6ヶ月間は相手方が不服を申し立てることも可能です。ですので、正式に離婚が決定するのは、判決が出て6ヶ月後ということになります。 少しでもお悩みの方、一度弊社にご相談下さい。

Read More

Long stay Visa 10 years

朗報です。???? この度、ビザに関する法制度にロングスティビザが追加されましたので皆さんにお知らせします。 ☆ ロングスティ ビザ 1.有効期間 10年 (5年+5年) 条件 1.年齢 50歳以上 2.銀行口座に 3MB以上の預金額が有る (保有期間の規定無し、即日入金も可。) ① ロングスティ ビザを取得後、初年度は、引き出し不可❗️ ② 2年度以降、50%迄は引き出し可能‼︎。(但し、理由書の提出、並びに許可が必要❗️。) 3. 年金の支給、月額10万B以上の入金が有れば、3MB の 預金は不要❗️。 ① 年金支払い証明書、タイ国の年金受領口座を証明出来る書類。 ② * 口座の預金は、自由に使えます。 上記の2. or …

Read More

法律用語【予防法務】についての解説

法律用語【予防法務】についての解説 予防法務(よぼうほうむ)とは、将来において契約の当事者間などで法的な紛争が生じないよう、法律知識や法実務上のノウハウを駆使して事前に法的措置をとること。 通常は民事における概念であり、いわゆる「裁判沙汰」にならないための事前合意の厳密化と考えると理解しやすい。 従来における法の救済は、紛争が生じた後に紛争を解決し、損害を回復するという事後救済であった。予防法務の分野では紛争そのものを生じない、又は生じさせにくくすることで損害を未然に防ぐ、又は軽減しようとする。 近年、弁護士をはじめ各士業界において重要視されている。法的紛争性のある事件については、弁護士の独占業務とされているため、紛争性のない法律事務を職域とする行政書士などにおいて特に注目されている。 ただし、一般市民の認知度は低く、又、弁護士などがこの言葉を使うのも、稀であり、反面、行政書士間ではよく使われる。

Read More