日本居住予定の方、必見!!

日本居住予定の方、必見!! 日本での在留資格・ビザ申請でのご相談、お困りの方はぜひ一度、JOY行政書士事務所様へご相談下さい。 弊社はJOY行政書士事務所様とパートナーシップを結んでおり、弊社での手続き後、日本での手続きもスムーズに行うことが出来ます。 詳しくは一度JOY行政書士事務所様ホームページをご覧下さい。 https://joy-gyouseishosi.com/company/ Bangkok Business and Law Co.,Ltd.バンコクビジネス&ロー(株)📲080-216-3186【日本語】📲080-252-5868【ภาษาไทย】📩info@bkkconsult.co.th🏢No.5 Sittivorakij Building soi Pipat(Silom 3)floor14 Room143 Silom Bangkok 19500🌐www.bkkconsult.co.thFacebook: https://www.facebook.com/bkkconsult/Twitter: https://twitter.com/bangkokbusines

Read More

日本のゲームセンターで小さいお子様などにも人気のUFOキャッチャーが、タイでは違法になりました。

日本のゲームセンターで小さいお子様などにも人気のUFOキャッチャーが、タイでは違法になりました。報道によると、6月18日にデジタル経済社会省がUFOキャッチャーは賭博法違反であるとの見解を発表しました。東北部のウドーンターニー県ではUFOキャッチャー関連で逮捕者もでております。現在、UFOキャッチャーはタイ全土で逐次撤去されております。タイ旅行の際には、UFOキャッチャーで安易に遊ばないようにお気を付けください。 Bangkok Business and Law Co.,Ltd.バンコクビジネス&ロー(株)📲080-216-3186【日本語】📲080-252-5868【ภาษาไทย】📩info@bkkconsult.co.th🏢No.5 Sittivorakij Building soi Pipat(Silom 3)floor14 Room143 Silom Bangkok 19500🌐www.bkkconsult.co.thtwitter: https://twitter.com/bangkokbusines

Read More

退職ビザ(リタイアメントビザ)の新しい要件

2019年1月に発表された退職ビザ(リタイアメントビザ)の新しい要件です(Returement Visa) ①.リタイアメントビザを申請する前の2ヶ月 以内に80万バーツ以上の銀行預金が必要 ②.リタイアメントビザの許可日以降、最低3ヶ月間は80万バーツ以上の銀行預金が必要 ③.更に、許可日から3ヶ月以降については、40万バーツ以上の銀行預金が必要 銀行預金に80万バーツご用意出来ない場合はお気軽にご相談下さい。 ご予約 ご質問 お問合せは Reservation, Inquiry, Question 📲080-216-3186📩info@bkkconsult.co.th Bangkok Business and Law Co.,Ltd.バンコクビジネス&ロー(株)🏢No.5 Sittivorakij Building soi Pipat(Silom 3)floor14 Room143 Silom Bangkok 19500 🌐www.bkkconsult.co.thfacebook: https://www.facebook.com/bkkconsult/twitter: https://twitter.com/bangkokbusines

Read More

コンドミニアム購入の際のご注意

コンドミアムの購入の際、トラブルが多発しています。詐欺にあわないためにも、最低限次の3項目は購入前にチェックしておきましょう。 1.物件の適正な市場価格 2.真の所有者 3.銀行の抵当権の有無等、2及び3に関しては、権利証を確認すればわかります。 必ず権利証の現物か、または財務省に弁護士を通じて権利証の写しを請求し、確認するようにしてください。よくあるのが売主が権利証のコピーを持ってくるケース。コピーが改ざんされたもので、実際の所有者と違っていたり、抵当権の記載が消されている等、契約してしまい、詐欺の被害が発生しています。ご注意ください。財務省への権利証コピーの請求、コンドミニアムの売買についてのご相談は、弊社にて承っております。初回1時間の無料相談を是非ご利用ください。 ご予約 ご質問 お問合せは Reservation, Inquiry, Question 080-216-3186 info@bkkconsult.co.th Bangkok Business and Law Co.,Ltd. バンコクビジネス&ロー(株) No.5 Sittivorakij Building soi Pipat(Silom 3)floor14 Room143 Silom Bangkok 19500 www.bkkconsult.co.th …

Read More

タイでの不当解雇・口頭による 解雇通知

こんにちは! 弊社によくあるご相談です。 タイにある日系企業について、上司の方から急に解雇を通告されるということがございます。大抵が口頭による解雇通知です。 タイの労働法に従えば、これは違法となります。 勤務日数に応じて、会社側は解雇補償金が支払う必要があります。 ぜひ一度ご相談ください。

Read More

相続・離婚について (เหตุฟ้องหย่า)

遺言状、遺産 : 遺言状作成のコンサルティング、遺産管理人 離婚訴訟の原因には以下のものがある。 (1)* 夫又は妻が他人をあたかも妻又は夫であるかのように扶養又は称揚し、常習的に愛人とするか姦通を続ける場合、他方が離婚を訴えることができる。 (2) 夫または妻の 不品行により他方が以下の影響を被る場合、他方が離婚を訴えることができる。ただし、当該の不品行が刑事犯罪に当たるか否かは問わない。 (a) 重大な恥辱を受ける (b) 不品行をなした側の夫又は妻であり続けることにより侮辱・憎悪を受ける (c) 夫婦としての状態、地位、同居を考慮した場合、 度が過ぎた損害又は 迷惑を被る (3) 夫又は妻が他方又は他方の父母に肉体的又は精神的 暴力 又は苦痛を与えるか、 侮辱又は 蔑視する場合、その程度が甚だしければ他方が離婚を訴えることができる。 (4) 夫又は妻が他方を 1年を超えて故意に遺棄する場合、他方が離婚を訴えることができる。 (4/1) 夫又は妻が禁固刑の最終判決を受け、1年を超えて禁固刑に処される場合、 他方がその違反に無関係であるか又はその違反を 容認していないか、それに 加担しておらず、かつ夫婦関係を続けていけば他方が度の過ぎた損害又は迷惑を被る場合、他方が離婚を訴えることができる。 (4/2) …

Read More